JRAレース予想情報 スマートフォン対応|競馬うまっ!

エプソムカップの傾向データ予想

JRA中央競馬エプソムカップにおける重賞レースの過去傾向をデータを元に分析

エプソムカップ

今後の目標はさまざま、春の東京開催を締め括る一戦!「第29回 エプソムカップ」

エプソム競馬場(イギリス)との交換競走として1984年に設立されたエプソムCは、6月24日の宝塚記念、7月8日の七夕賞からスタートする『サマー2000シリーズ』、さらには今秋以降のGI など、さまざまなレースを今後の目標とする馬が集まる一戦である。ここ2年はそれぞれ単勝1番人気馬が優勝を果たしているものの、2001年から2009年のエプソムCで単勝1番人気に推された馬の成績は〔1・2・3・3〕。2006年には単勝7番人気のトップガンジョーが優勝を果たすなど、波乱の決着となる年も珍しくないレースだ。今回は過去10年のレース結果から、傾向の変化も踏まえたうえで好走馬に共通するポイントを分析してみよう。


「4・5歳」馬に注目!

人気薄で好走した馬の大半は関東馬!

前走の“末脚”をチェック!

前走で先行していた馬は割り引き

3回東京競馬の最終週に、GIII の芝1800mという条件で定着して行われているエプソムC。春シーズンのラストを飾る重賞レースという位置付けだったが、今年から競馬番組が変更され、条件は変わらないものの、日程的には夏季競馬に組み込まれることになった。春のGI シリーズが終了した直後という開催時期から、超一流馬が参戦するケースは少ないものの、このレースでの好走をきっかけに飛躍した馬も多く、いわゆる“出世レース”の一つと言えよう。今年も、4歳世代を中心に今後の活躍が期待される好素材がズラリ集結しており、見逃せない一戦だ。

【ダノンシャーク】
4歳勢の中でも、特に注目を集めそうなのは、ディープインパクト産駒の2頭。ダノンシャーク(牡4・大久保龍志)は、3歳春にクラシックのトライアルレースで若葉S(阪神・芝2000m)3着、プリンシパルS(東京・芝2000m)4着と善戦止まりだったが、秋を迎えて始動戦の1000万下・甲東特別(阪神・芝1600m)をクビ差で制したあと、休み明け3戦目の1600万下・逆瀬川S(阪神・芝1800m)を制して再びオープンクラスに復帰すると、続く今年初戦の京都金杯でも2着に好走、厩舎の期待馬がようやく本格化を果たした。前々走の東京新聞杯はスタートの出遅れが大きく響いて勝ち馬から0秒5差の5着に敗退したが、前走の読売マイラーズC(京都・芝1600mで開催)で2着に巻き返し、重賞で2度目の連対をマーク。父譲りの強烈な決め手を武器に、初のタイトル奪取を狙う。

【シルクアーネスト】
シルクアーネスト(牡5・池添兼雄)は、芝1600〜1800mで全5勝を挙げている中距離巧者。昨年5月のみらい賞、前走の湘南S(いずれも東京・芝1600m)と、これまでに1600万下の特別レースを2勝している。重賞では3歳の5月に出走した京都新聞杯の6着が最高着順だが、出走自体が過去3回のみで、他の2戦はGI の2010年菊花賞(17着)と2011年安田記念(14着)。まだ「重賞では壁がある」と判断するのは早計だろう。約3か月の休み明けで臨んだ前走の湘南Sをハナ差で優勝し、上り調子で迎える一戦。好勝負の期待が高まる。

【レッドデイヴィス】
レッドデイヴィス(せん4・音無秀孝)は、デビュー前に去勢されていたためにクラシックへの出走権はなかったが、3歳の春シーズンにGIII のシンザン記念と毎日杯を連勝。シンザン記念では、のちのクラシック三冠馬オルフェーヴル(2着)、のちの桜花賞馬マルセリーナ(3着)を完封しており、昨年12月には約7か月の休み明けで臨んだ鳴尾記念も同世代のライバルや異世代の強敵を相手に優勝。現4歳世代でも屈指の実力馬と言えよう。その後は、有馬記念9着、中山記念11着、読売マイラーズC5着と、GI・GII でひと息の結果が続いているが、通算3勝を挙げているGIII に出走する今回は、主役級の評価が必要になってくる。

【トーセンレーヴ】
トーセンレーヴ(牡4・池江泰寿)は、名牝ブエナビスタの半弟という超良血のディープインパクト産駒。前評判どおりに、3歳2月のメイクデビュー京都(芝1800m)を勝ち上がり、続く500万下のアルメリア賞(阪神・芝1800m)を連勝して“クラシック候補”と騒がれた。その後は毎日杯と青葉賞で連続3着と惜しい競馬が続いたが、連闘で臨んだダービートライアルのプリンシパルSをクビ差で制して、日本ダービー(9着)まで駒を進めた。重賞勝ちはないものの、3歳の秋以降もアイルランドT(東京・芝2000m)、洛陽S(京都・芝1600m)と、オープン特別を2勝。まだまだ良くなる余地を残している。

【セイクレットレーヴ】
3歳世代から唯一の挑戦となるのがセイクレットレーヴ(牡3・田中清隆)。デビュー3戦目の500万下・葉牡丹賞(中山・芝2000m、11着)までは目立つ存在ではなかったが、4戦目のオープン特別・ジュニアC(中山・芝1600m)で9番人気ながら2着と一変した走りを見せると、続くオープン特別のクロッカスS(東京・芝1400m)でアタマ差の接戦を制してオープンクラス入りを果たした。その後は、NHKマイルCトライアルのニュージーランドTで2着に入って優先出走権を獲得、本番のNHKマイルCでも5着と健闘した。4歳以上の馬との対戦は初めてで力関係は未知数だが、52キロで出走できるという斤量面での大きなアドバンテージがあるだけに、好勝負は十分に可能だろう。


以上を加味して
【エプソムカップ】大胆予想

ダートで東京!天気も気になる

シルクアーネスト
ダノンシャーク
セイクレットレーヴ
レッドデイヴィス
×トーセンレーヴ

【エプソムカップ】過去の予想傾向

カスタム検索
[新着TOPICS]10/17更新
新着情報|JRAレース予想情報 スマートフォン対応|競馬うまっ!
[新着TOPICS]10/17更新
カテゴリーメニュー|JRAレース予想情報 スマートフォン対応|競馬うまっ!
[ジャンル]|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
JRAレース予想情報 スマートフォン対応
(c)競馬うまっ!
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  蜷亥ョソ蜈崎ィア 蜿」繧ウ繝  讓ェ豬 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧キ繝」繝シ繧シ繝ウ  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 髟キ驥  繧ソ繧、繝、 繧ィ繧ケ繝繧」繝 譬シ螳  螢ー蜆ェ 蟆る摩蟄ヲ譬。  14繧、繝ウ繝 繝帙う繝シ繝ォ  繝帙シ繝繧サ繝ウ繧ソ繝シ  蠢逅蟄ヲ驛ィ 螟ァ蟄ヲ  繝溘Μ繧ェ繝ウ繧ケ繝医ャ繧ッ謚戊ウ鬘ァ蝠上蜿」繧ウ繝  繧ケ繝舌Ν 繝代シ繝  蜷咲ーソ螻