JRAレース予想情報 スマートフォン対応|競馬うまっ!

エプソムCの傾向データ予想

JRA中央競馬エプソムCにおける重賞レースの過去傾向をデータを元に分析

エプソムC

G3エプソムC
東京競馬場3歳以上芝1,800m

ここから広がる更なる大舞台への夢!「エプソムカップ」

このレースがハンデキャップから別定に変更された1996年に優勝したのがマーベラスサンデーで、同馬はその翌年に宝塚記念を制した。2007年の覇者エイシンデピュティも、翌年の宝塚記念を制してGI ホースの仲間入りを果たすなど、ここを足掛かりに更に大きな夢舞台へと飛躍を遂げていく馬も少なくない。今年もスター候補が出現するのか、目の離せない戦いになるに違いない。過去10年の結果を振り返りながら、レース傾向を分析する。

前走1500〜2000m出走組が圧倒!

前走の距離別成績だが、優勝馬10頭はいずれも前走で1500〜2000mのレースに出走していた馬に限られていた。その中でも率で上回るのが、1600mの出走馬が中心となる「1500〜1800m未満」出走組で、連対率で19.5%をマークしている。この組からは昨年にセイウンワンダーが単勝1番人気で優勝、過去10年では最低人気の優勝馬となるトップガンジョー(2006年、7番人気)も含まれており、今年も該当する出走馬があれば注目してみたい。

4コーナーの位置は先団・中団が絶好!?

過去10年の4コーナーの位置別成績では、優勝馬10頭はすべて2〜9番手に位置していた馬から出ていた。しかも「2〜5番手」組からは9頭の2〜3着馬が出ており、同組は3着以内馬の占有率46.7%という高い数値となっている。

しかし、前走がJRAのレースだった馬のそのレースでの4コーナーの位置別成績を見ると中団・後方からレースを進めた馬の健闘が光り、「2〜5番手」組は3着内数8頭、3着内率でも15.4%で、「6〜9番手」組(18.0%)を下回り、「10番手以下」組(14.5%)とほぼ変わらない数値となっている。2005年優勝のスズノマーチが前走4コーナー13番手、エプソムC同3番手、昨年優勝のセイウンワンダーが前走同13番手、エプソムC同6番手という結果からも、前走で後方からの競馬をしていても、先行力を備えた馬であれば、注目度は一気にアップするだろう。

カスタム検索
[新着TOPICS]11/21更新
新着情報|JRAレース予想情報 スマートフォン対応|競馬うまっ!
[新着TOPICS]11/21更新
カテゴリーメニュー|JRAレース予想情報 スマートフォン対応|競馬うまっ!
[ジャンル]|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
JRAレース予想情報 スマートフォン対応
(c)競馬うまっ!
All Rights Reserved.
  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  KDS驥ァ霍ッ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧ー繝ゥ繝輔ぅ繝繧ッ繝繧カ繧、繝ウ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧ィ繝ウ繝峨Ξ繧ケ繝サ繧「繝峨ヰ繝ウ繧ケ  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 譬譛ィ  繧ソ繧、繝、 繝輔ぅ繝繝 譬シ螳  迺ー蠅 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧キ繝」繝シ繧ッ繝溘Λ繝シ  隕ウ髻ウ蟇コ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繝代Ρ繝シ繧ケ繝医シ繝ウ蛻晁ウシ蜈・笙ェ  鬥吝キ 蜷亥ョソ蜈崎ィア  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  繧ォ繝シ逕ィ蜩 騾夊イゥ  繝槭Φ繧キ繝ァ繝ウ繝ェ繝弱吶シ繧キ繝ァ繝ウ